スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07参院選:公示 個性打ち出し腐心/「指定席」どうなる?(その2止) /北海道 

【あっ晴れ気分10包×3個セット】気分爽快!やる気がでる!手遅れになる前に!一日分(4種8粒)×...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070713-00000042-mailo-hok
 ◇自民、逆風受け死守へ懸命/民・大地、連携効果で独占狙う
 12日公示された参院選は年金記録漏れ問題などで「与党に逆風」とみられ、年金未納問題に揺れた前回04年と状況が似ているとの見方もある。前回は全国的に自民党が苦戦する中、道選挙区(改選数2)は自民、民主両党が1議席ずつ分け合った。あれから3年。今回は民主党と新党大地が共同戦線を張って2議席独占を目指す新たな展開。過去の選挙データを基に選挙戦の行方を探る。【横田愛】
 道選挙区は98、01、04年と3回続けて自民、民主両党の公認候補が1人ずつ当選。今回は両党が再び「指定席」を守るかどうかが最大の焦点だ。
最新健康食品情報は・・・人気blogランキングへ

 民主党は前回、現職の峰崎直樹氏に新人の西川将人氏を加えた2人擁立に踏み切り、改選2議席の独占を狙った。これに自民現職の中川義雄氏、無所属新人の鈴木宗男・現新党大地代表が絡む4氏のデッドヒートとなった。結局、中川、峰崎の両現職が議席を守ったが、西川、鈴木の両新人が激しい追い上げをみせたことで、道内に漂う閉塞感や小泉改革の「痛み」に対する反発の強さをうかがわせた。
 このときの毎日新聞の出口調査によると、自民支持層で中川氏に投票した人は6割に満たず、18%が鈴木代表、13%が西川氏に流れた。鈴木代表は元自民党、西川氏は元旧自由党といずれも保守系だったことが、自民党からの離反票に受け皿を提供する形になったともいえそうだ。無党派層も約3割が西川、約2割が鈴木の両新人に投票...

ニュースの続きを読む




◆健康食品関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆健康食品関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wonderx.blog38.fc2.com/tb.php/478-b30c9983






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。