スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スピードラーニングトライリンガル」の効果のほどは? 

き流すだけでフランス語と英語がマスターできる語学教材「スピードラーニングトライリンガルシリーズ・フランス語/英語」は、本当に効果があるのだろうか?
わずか「1日5分から聞き流すだけ」がうたい文句の『スピードラーニング』学習法は、まったく効果がない人もいるようですが、物凄い効果を得た人も沢山いるようです。

『トライリンガルシーリーズ』の最大の特長は、ただ聞くだけで言語が身につけられるというところですが、この効果の違いは、多少の熱意の違いで生じてしまうのかも知れませんね。


従来の学習法は机に向かって暗記したり、文法を重視しながらの勉強が中心でした。しかし、言葉を話せるようになるためには、赤ちゃんが言葉を習得する過程がそうであるように、まず聞き取れるようになることが何よりも大切だと思います。

その意味では、この教材は、生活の中で気軽に自然に聞き続けられるように工夫されています。

トライリンガルを達成するために、BGMはクラシック音楽。フランス語→英語→日本語の順で録音されています。


リラックス状態でCDを聞くことができるように、BGMにはクラシック音楽を使用。バロック音楽をはじめとするゆるやかな旋律には、脳波のアルファ波を増長し、リラックスさせる効果があります。そのため、『スピードラーニング』の言語を吸収する際の学習効果を高める効果が期待できます。


ただ、あまりにも気持ちよい聞き流しのために、本当に聞き流してしまい一年間たってもリスニングの抵抗感がなくなった程度の効果しかないという方もいるようです。


でも、トライリンガルを達成するために同時学習の相乗効果はあるようです。


トライリンガルシリーズにはフランス語の後に英語、そして日本語訳が録音されています。


「どうして英語が入っているの?」と思われる方もいると思いますが、実は外国語を初めて覚えるときには、1ヵ国語を覚えるよりも2ヵ国語を同時に覚えるほうが進歩が早いのです。フランス語と英語の同時学習の相乗効果でフランス語(もちろん英語も)を楽にマスターできるようです。


不思議なことに英語とフランス語、2ヵ国語を同時に学ぶほうが1ヵ国語だけを学ぶより、早くどちらの言語も話せるようになるといううれしい結果が出ています。


『スピードラーニング』開発者 大谷登氏は、オランダ、スイス、マレーシアなどでは、1人の人が3つの言語をうまく使い分けてコミュニケーションを成立させていることに感激して、このトライリンガルシリーズを開発したようです。


オランダからフランスに向かう電車の中で出会った年配の女性は、両隣にイギリス人、フランス人、前にはスペイン人が座っていましたが、英語・フランス語・スペイン語を見事に使い分けながら皆と話しているという光景を目撃したようです。


確かにこれらの国々では、学習するというより、小さいころからトライリンガルの環境に育つことにより、ごく自然とトライリンガルの言語を取得してしまいます。これは、聞き流すというスピード・ラーニングのコンテンツそのものの環境に育ったからと理解できます。

マレーシアに行ったときも、皆さんが流ちょうということではないのですが、とにかく何のためらいもなく、マレー語と中国語と英語を使い分けて話しているのです。3ヵ国語を公用語としている国の人たちが、あんなに流ちょうに各言語を話せるという衝撃的な事実を目の当たりにした私は、語学習得の共通の原則があるのではないかと思ったのです。


聞いていてこんなに楽しいCDはありません。ぜひ、ご体験ください。


フランス語を身につけたい方へ!英語も一緒にマスターできる教材あります☆









この物語は、真実の物語です。ニートの若者にできたことが貴方に絶対にできないと言うことがあるでしょうか? クリックしても無料ですから安心して事実を確かめてはいかがですか? 無料の知識でも人生は変わります。 ↓



ビデオはここをクリック => http://www.ipsprofit.com/

スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。