スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足太アワビ茸:竜王の邑地さん、生産増に成功 町の特産化へ意欲 /滋賀 

ウルトラびっくりスタイル(約1ヶ月分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070614-00000181-mailo-l25
 ◇菌床栽培法を改良
 ビタミンB2が豊富でヘルシーな食品として隠れた人気を持つ「足太アワビ茸(だけ)」を十数年前から栽培、販売している竜王町西川の邑地(むらち)礼子さん(45)が、菌床を冬の間寝かせておくことで春先に大量に収穫できることを突き止めた。足太アワビ茸は高温多湿を好み、冬の間は生産が期待できなかったが、今回の栽培法の改良で、冬季の生産を中止しても十分採算が採れることが判明。町の特産品として開発を進める邑地さんだけでなく、年間を通じて一定量を確保したい愛好者にとっても朗報だ。
 アワビ茸は台湾が原産で、見た目や切り口、歯ごたえが海産物のアワビに似ていることから、この名がついた。
最新健康食品情報は・・・人気blogランキングへ
ビタミンB2がシイタケの5倍以上も含まれ、食物繊維のβグルカンを豊富に含み、栄養価が高く、脂肪をエネルギーに代謝させ、古い脂肪を体内に蓄積しにくくする効用があるとされている。
 健康食品として脚光を浴び、一時は和歌山、兵庫、愛媛県などでも栽培され、高級レストランなどで使われたが、高温多湿を好み、夏場は安定しているものの、冬場の管理が難しく、各地で栽培が相次ぎ、今では国内では邑地さんと沖縄で生産されているだけ。ただ、沖縄産は、足のないアワビ茸で、足付きの足太アワビ茸を栽培するのは邑地さんだけという。
 栽培の難点は冬場の温度と換気の管理。邑地さん方では2棟のハウス(計330平方メートル)にオガクズで作った菌床約3万本を栽培...

ニュースの続きを読む




◆健康食品関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆健康食品関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wonderx.blog38.fc2.com/tb.php/265-56dab55d






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。