スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WSJ-アマゾン、中国で投資拡大へ=CEO 

※1円スタートサンプル品【6/19迄】ROCAWEAR-キャップ〔GREY-7 1/2〕HIPHOP/ヒップホップ/B系
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070606-00000023-dwj-biz
北京(ウォール・ストリート・ジャーナル)インターネット通販大手の米アマゾン・ドット・コム(Nasdaq:AMZN)のジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)は5日、同社が中国への投資を今後拡大していく方針を明らかにした。中国は同社にとって最も成長著しい市場であるにもかかわらず、現地の主要競合他社に後れを取っている。

ベゾス氏は、アマゾンが現地のインターネット会社、卓越網(ジョーヨー・ドット・コム)を2004年に買収して以来初めて中国を公式に訪れ、新しい中国語サイト名を明らかにするとともに、より多くの顧客を引きつけることを狙った送料無料などの新サービスについても公表した。
最新通販情報は・・・人気blogランキングへ
同氏は新規投資の具体的な額は明らかにしなかったものの、中国の急成長の機会を生かすためにも、アマゾンが中国事業への資金投入を増大させていく意向だと語った。

同氏は、卓越網は「アマゾン内で世界中のどこよりも最も急成長している事業」と報道陣に語り、「しかもその成長は徐々にといえるスピードではない」と付け加えた。「中国事業は特別だ。あまりにも急速な成長を遂げているため、さらなる設備投資に値する」とした。

中国のインターネット市場は昨年末でユーザー人口が1億3700万人と、すでに世界で2番目に巨大な市場としてますます競争が激化しつつある。同氏の北京訪問はこのような中で行われた。グーグル(Nasdaq:GOOG)やイーベイ(Nasdaq:EBAY)といった外国の大手インターネット会社は、中国市場の特異性により素早く対応できる、より小規模な現地企業との競争で苦戦している...

ニュースの続きを読む




◆通販関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆通販関連の無料のレポート情報
アレルギーなし!IQアップ!健康で賢い赤ちゃんを産むために

そこの妊婦さん! あ、妊夫さんも!! こんな悩みはありませんか?

◆赤ちゃんがアレルギー体質だったらどうしよう
◆すぐキレる子になってしまったら困るな
◆頭の悪い子にはなってほしくないな

その解決法のひとつがここにあります。…

お悩み相談室スペシャル(肥満と肥満症)

肥満防止に無理なダイエットは禁物。サプリメントに100%依存したダイエットも不可能。バランスのとれた低カロリーの食事と基礎代謝を高める運動がポイント。サプリメントは運動の効果をサポートします。
肥満&肥満症防止は「BMI=22・体脂肪率2…

スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wonderx.blog38.fc2.com/tb.php/227-42448e74






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。